熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設 トップページ  
ciaku@gpo.kumamoto-u.ac.jp
概要 アクセス 施設内配置図 設置機器一覧 利用料金表 予約フォーム(学内) 依頼分析 予約方法 各種申請書

設置機器一覧 一覧へ戻る

機器の概要
主な研究業績    
蛍光分光光度計 日立 F-4500
蛍光分光光度計 日立 F-4500

 蛍光物質の希薄溶液に特定波長域の励起光を照射すると、物質中の電子は励起され、再び基底状態に戻る時に蛍光光を放出します。この光のスペクトルと強度を測定することにより、試料の性質や濃度を調べることができます。この方法は吸光度分析法にくらべて感度が高く、蛍光を出す分子種が比較的限られていることから、目的とする成分を選択的に検出することができます。
  F-4500は三次元蛍光分光光度計で、励起光の波長,蛍光波長,蛍光強度3つの関係(等高線表示)を同時に求めることができます。その他の機能としてリン光測定モードや発光スペクトル測定モード(二次元)、液体窒素温度での測定などができます。

[設置場所]
309 分光測定室
[お問い合わせ]
機器分析施設 田中栄緒 内線4809
E-mail : tfujii@gpo.kumamoto-u.ac.jp


トップページ サイトマップ このページのトップへ
当ウェブサイトの著作権は、熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設に属します。 掲載内容および画像などの無断転載を禁止します。