熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設 トップページ  
ciaku@gpo.kumamoto-u.ac.jp
概要 アクセス 施設内配置図 設置機器一覧 利用料金表 予約フォーム(学内) 依頼分析 予約方法 各種申請書

設置機器一覧 一覧へ戻る

機器の概要
主な研究業績 マニュアル (PDF 53KB)
原子吸光分析装置 PERKIN ELMER SIMMA 6000
原子吸光分析装置 PERKIN ELMER SIMMA 6000


  原子吸光法は物質を加熱して目的元素を基底状態に解離させ、同種元素から放射された光が吸収されることを利用した分析法です。原子によって吸収される光の幅は非常に狭く、このため原子吸光法は吸光分析法よりも選択性がよく、高感度であるため、環境分析、工業分析、臨床分析など多くの分野で広く採用されています。
  本装置の原子化方法はフレームレス法で4元素まで同時測定可能です。

<当センターの装置で測定できる元素>
  Li, Na, Al, K, Ca, Cr, Mn, Fe, Co, Ni, Cu, Zn, Ge, As, Mo, Ag, Cd, Pt, Au, Pb

[設置場所]
204 データ解析管理室
[お問い合わせ]
機器分析施設 城戸 裕 内線4808
E-mail : ykido@gpo.kumamoto-u.ac.jp


トップページ サイトマップ このページのトップへ
当ウェブサイトの著作権は、熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設に属します。 掲載内容および画像などの無断転載を禁止します。