熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設 トップページ  
ciaku@gpo.kumamoto-u.ac.jp
概要 アクセス 施設内配置図 設置機器一覧 利用料金表 予約フォーム(学内) 依頼分析 予約方法 各種申請書

設置機器一覧 一覧へ戻る

機器の概要
マニュアル (PDF 2,920KB)
核磁気共鳴装置(400MHz) JEOL JNM- ECX-400
核磁気共鳴装置(400MHz) JEOL JNM- ECX-400

 NMRとは、核スピンを有する核(例えば1H, 13C, 31P, 15Nなど)を強力な磁場の中に置き、ラジオ波と共鳴させ、得られる情報をコンピュータを用い解析するものである。物質の立体構造、運動性などを明らかにできる。
  本機械は、9.4 T(テスラ)の超伝導磁場を持ち溶液(主に、1H, 13C) の各種測定が可能である。多核測定も可能な発信機を備えているがプロ−ブが10年前のもので古く感度は悪い、コンピュータの処理能力・スピ−ドも低い。大学院以上の学生は自由に測定できる。

[設置場所]
106 核磁気共鳴装置室-3
[お問い合わせ]
薬学部分子薬化学分野
松永浩文 内線4395
E-mail : mtc@gpo.kumamoto-u.ac.jp
[申込書]
一次元NMRスペクトル依頼書 (PDF 90KB)
二次元NMRスペクトル依頼書 (PDF 93KB)


トップページ サイトマップ このページのトップへ
当ウェブサイトの著作権は、熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設に属します。 掲載内容および画像などの無断転載を禁止します。